治験とは?バイト代はいくら?


治験ボランティア


私たちが日頃服用している薬が出来るまでには、様々な研究・実験・試験・評価・検討が慎重に行われています。
研究の段階では動物実験を行いますが、最終的には人での効果や安全性を確認しなければなりません。

人での効果や安全性を確認するための臨床試験のことを治験と呼んでいます。

そして、この臨床試験に参加・協力してくれている方々を治験ボランティアと呼んでいます。

より効果や安全性の高い薬を開発するには、沢山の治験ボランティアの協力が必要なのです。

治験ボランティア登録はコチラから↓
治験ボランティア登録はコチラから↓


治験ボランティアには協力費が出ます!

ボランティアとは言っても無給ではありません!治験ボランティアの時間的な拘束や交通費などの負担を軽減するために、治験協力費(負担軽減費・謝礼金)を支給しています。

治験参加料や入院費が発生することはありません。ご自宅から治験施設(病院)までの交通費だけは参加者のご負担になります。


治験協力費の実例

例1)日帰りの通院治験で、10,000円!!
例2)3泊4日の入院が2回で、153,000円!!
例3)2週間の入院治験で、350,000円!!(私が実際に参加した治験です。)
入院治験であれば、100,000円以上の治験協力費は珍しくありません!!

支給方法は、通院治験の場合、通院するたびに手渡しか振込みになります。入院治験の場合、治験終了後に手渡しか数週間後に振込まれます。

正確にはアルバイトとは違いますが、短期間で報酬が出るという意味では一種の短期アルバイトとも考えられます。

高額報酬に喜ぶ家族


参加するか否かは自由意思!

治験に参加するか否かは、参加者本人の自由意思で決定出来ます。
参加決定前に、医師からしっかりと治験内容の説明を受け、その説明に対して同意出来なければ、参加を辞退出来ます。

疾患がある方も参加出来ます。疾患がある方でなければ参加出来ない治験もあります。


JCVNでは沢山の治験ボランティアを募集中!

治験ボランティアになるには会員登録が必要です。日本国籍で満20歳以上の方であれば登録出来ます。登録は勿論無料です!

会員登録すると様々なメリットがあります。

メリット1)通常の治療より綿密な治療を受けることが出来ます。
メリット2)ご自宅近くの病院で無料健康診断を受けられます。
メリット3)無料健康診断の検査データで体調の維持・管理が出来ます。
メリット4)薬の治験以外に、トクホ・健康食品・美容用品のモニターにも参加出来ます。
メリット5)あなた専用のマイページで、あなたに合った治験やモニターを見付けることが出来ます。

登録フォームに、氏名・性別・生年月日などの簡単な情報を入力するだけで登録出来ます。ほんの1分ほどで終ります。マイページを見るためのパスワードの入力も必要です。

会員登録はコチラから↓
会員登録はコチラから↓


プロフィール

いい薬が欲しい!

Author:いい薬が欲しい!
治験ボランティアは以外とおいしいバイトです。入院治験で100,000円以上の報酬は当たり前!新薬を作るためには必要不可欠なバイトです。

最新記事一覧アイキャッチ付き
治験とは?バイト代はいくら?
治験に参加するまでの流れ
東京・関東の日帰り治験例
大阪・関西の日帰り治験例
福岡の日帰り治験例
糖尿病の治療費を軽減できる
高血圧症の治療費を軽減できる
喘息の治療費を軽減できる
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR